読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七転び

女子大生が文章力向上を目指して書くとりとめのないブログ

ブスが顔採用バイトに受かった話①

今までブログはお手軽なスマホで書いてたけど、今回は久しぶりにパソコンで書こうと思ったらどこで書くのかわからなくて三十分以上サイトを行ったり来たりしてた。地獄かよ。

そう!今回は敬語を使わずにいくよ!なんの意味もない宣言だよ!

タイトル通りだけどブスが顔採用バイトに受かった話を書いていくよ。
「いやいや、どうせ可愛いんでしょ?」って思うよね。わたしも読者だったら絶対思ってる。でも違うんだ、本当に違うんだ。今までで似てると言われた芸能人はaiko、増田貴久さん。わかります?系統は何となく理解できますよね?いやaikoはかわいい。わたしも大好きで通学中ずーっと聞いてる。シャッターと冷たい嘘は出会えたことに感謝するレベルで大好きな曲。

でもわたしはこんなに素敵な曲を作ってる神様じゃない。そしてaiko似と言われる女の地雷率。一応言っておくけどaikoは可愛い。とわたしは思ってる。でもaiko似の女は総じてブスだ。異論があればコメントよろしく。コメント欄ないけど。

こんなわたしが顔採用バイトに受かったわけである。

バイト先はあまり有名ではない、これから全国展開を狙っているような小規模飲食チェーン店だった。わたしがこのバイトを知ったのはバイトルを見ていたからである。バイトル最高。わたしはバイトを探すときは必ずバイトルを使っている。
そこでこの店が地元で新規店舗を構えることになり、オープニングスタッフを募集していることを知った。わたしはこの店に行ったことがあり、ここの料理が好きだった。働けば従業員割引も利用できるし、何より好きな店で働ける!嬉しい!、こう思って応募した。ここからがわたしの悲劇の始まりである

わたしはバイト応募する際は必ず電話応募している。なぜかはわからない。でもそうしている。しかしこの店はまずweb応募をしなければいけなかった。ため息。後日連絡が電話できた。この電話の時点で少し「嫌な感じの人だなあ」と思っていた。なんだろう、電話って声しか聞こえてこない分、相手の本質が見える感じがしないか?言葉の選び方とか声の大きさとかこっちの話に対しての対応とか。そういうのひっくるめて少しだけ嫌な感じがした。

そして面接当日。なんと集団面接だった。萎えた。普通集団面接って事前に知らせておかない?まあいいけど。
わたしにはお金が必要だった。もちろん遊ぶためのお金である。だから頑張った。良い子を演じた。そして受かった。60人中12人採用の激戦バイトに。

わたしは浮かれていた。「わたしの良さをわかってくれたのね!」と本気で思っていた。

 

「嫌な感じの人だなあ」と思っていたことも忘れて。この直感が当たることも知らずに。

 

ブログを書くのにてこずってたせいでとんでもない時間になったから今日はここまでにするよ!次回で全部完結させる

 

次回、「ブス、死す」 お楽しみに!




ダイエット

退院日以降、ろくに外出をしていなかったら、ただでさえ太っていた身体が脂肪まみれになってしまったのでダイエットを決意しました。
わたしの場合、食事量に問題があるので食事を制限します。
とはいってもあまりにひどく制限すると続かないことは目に見えているので、午前中は普通に食べて(といっても朝は起きないのでほとんど朝食なしみたいなもの)、昼はこんにゃくときゅうりを味付けしたもの、夜は脂肪燃焼スープを飲んでみます

運動は家の中でできるスクワット、足上げを中心に頑張ります

一か月で8kgくらい?痩せられたらいいなあと思います、頑張ります!

ではでは

広告を非表示にする

ワキガ手術に踏み切った理由

初めまして記事がこれでいいのか女子大生。感は否めませんが書きたいことを書いていきます女子大生。

まず初めにわたしがワキガだと自覚したときのことについて

これは自分でもよく覚えているのですが、小学3年生のとき学童で遊んでいて「なんか強烈な臭いがするなあ」「〇〇ちゃん(一緒に遊んでいた子)の家の匂いかなあ」と思って、そのことを母に話したら「実はね・・・」と教えてもらいました。でも正直そう言われても「だから何?」って感じだったし、母もあまり詳しくなくてとりあえず水で脇を拭いていれば臭いはなくなると言われていたので、あまり重く受け止めていませんでした。

この認識が変わったのは高校生のときです

夏のある猛暑日に、学年全員で大教室に集まってビデオを鑑賞する授業がありました。その日はわたしが遅刻して、汗だくで教室に入って椅子に座ってから汗を拭いていました。すると後ろの面識のない男子数人が

「臭くね?ww」「なんか臭わねえ?www」

とコソコソ話すわけでもなく、きちんとわたしに向けて言ってきたんです。

 

もうね、この時のことを思い出すと心臓が痛くなる。書いてる今も泣いてます。本当に辛い言葉だった。そして何より辛かったのは、そのとき一緒にいた友達が聞こえないふりをしたこと。これでもう「何とかしなくちゃ」と強く決心したのを覚えています。周りの人に「臭い」と思われながら生きる人生とはさよならしよう、と

それからは強力なデオドラントで日々なんとか臭いを消していました。母からは「ワキガ治ったんじゃない?」と言われるくらい、臭いは消えていました。でも頭の中にはずっと「いつか手術する」という考えがありました。そして大学生になったいま、時間があるいま、手術しよう!と決心し、手術に踏み切りました

長くなりすぎたので、一旦ここで終わります